大名小路(武家長屋)

安中城内には家臣の屋敷が建ち並んでいましたが、その一部は長屋でした。この建物はそのうちの四軒長屋で、安中城西門のすぐ東にありました。東隣に五軒長屋がありました。この長屋は建築当初は四軒長屋でしたが、そのうち三軒だけ現存していました。
これを安中藩の右筆だった小野直が残した図面をもとに平成元年〜平成3年に当初の姿に復元したものです。
西側から、間口八間、六間、六間、六間に区分されていました。

武家長屋の画像
武家長屋内部の画像

幕末から明治初年の住人(西から東へ)

弓削田 發
(号:一斉・一介)
天保5年生まれ、儒者見習、給人、十人扶持
飯島 伴四郎
(雄弥、寧とも称した)
文政11年生まれ、近習、朱印番、大小姓、十石二人扶持、明治初年に砲車司令、銃士司令
佐藤 鎌蔵 文政10生まれ、広間平番、中小姓、西洋砲術修行、八石三人扶持、明治初年に会計局大属
小野 盛太郎 文化12年生まれ、広間平番、代官、勘定役、大小姓、八両三人扶持、明治初年に会計局判事

ご案内

所在地 安中市安中三丁目6番1号
種類 木造平屋建萱葺寄棟造四軒長屋桁行 26間(47.32m)梁間  3間(5.46m)
開館時間 3〜11月 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
12〜2月 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)・年末年始
入館料
(郡奉行役宅と共通)
安中市民 無料
市外の人 大人210円・高校生以下無料
団体(20人以上) 大人120円
問い合わせ 郡奉行役宅併用 電話:027-381-3855
学習の森 電話:027-382-7622